医薬品と医薬部外品の違い

薬は医薬品と医薬部外品に分かれます、医薬品にしても医薬部外品にしても町の薬局で買うことができます。
身の回りの薬品やシャンプー、栄養ドリンクなどをちょっと見てみるとわかるように医薬品または医薬部外品といういずれかの記載があるはずです。
この医薬品と医薬部外品の明確な違いを知っている人はそれほどいないのではないでしょうか。

病気の時の薬や化粧品などはすべて薬事法によりその表示内容や原料に至るまで細かく規制されています。
簡単にいうと、医薬品は効き目が強くその副作用も強い薬であり、医薬部外品はその効き目は弱く副作用も少ない薬ということになります。

普段医者に行ったときに病院で処方される薬はもちろん医薬品です。
また薬局で市販されている薬の中にも普通の風邪薬や頭痛薬といったようなものは医薬品に分類されます。
要するに薬の有効成分の効能や効果が認められていてある特定の病気の治療や予防に用いられる目的を持った薬を医薬品と言います。

対する医薬部外品はそれを服用しても人体への影響が緩和である薬で、医薬品とまではいかない中間的な薬です。
その効能や効果はそれなりに配合されているが、その治療効果はあまり望めないが予防的な役割を持った薬と言えます。
この効果の違いが医薬品と医薬部外品を分ける条件となります。
また、医薬品にはその成分をすべて表記する必要がありますが、医薬部外品はすべてを記載するという決めはありません。

脱毛予防の毛髪剤などはほとんどが医薬部外品なのですが、リアップだけは医薬品に分類されています、その理由はリアップに使われている成分によります。
使っている成分が薬事法上医薬品として扱う必要があるからです。
さらに医薬品にも分類があります。

医療用医薬品と一般用医薬品です。
医療用医薬品はその薬理作用が強く、副作用の危険もともなう薬で、いわゆる病院で処方されて医師の指示の基で用法用量を守って服用する薬です。
一般的医薬品は薬局などで普通に売られている風邪薬や頭痛薬などの市販薬です。
いくら医薬部外品の効果が弱いといっても薬であることに違いはありません。
その使用方法や用量は確実に守ることが一番大切です。

お役立ち情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ